中耳炎|突発性難聴│めまい|アレルギー性鼻炎(花粉症)│副鼻腔炎|鼻出血|扁桃炎|いびき│睡眠時無呼吸

藤森耳鼻咽喉科 中耳炎|突発性難聴│めまい|アレルギー性鼻炎(花粉症)│副鼻腔炎|鼻出血|扁桃炎|いびき│睡眠時無呼吸

HOME

院長・スタッフ紹介

診療内容

医院概要・地図

お問い合わせ

 

耳の病気

HOME

医院案内

診療内容

インフォメーション

お問い合わせ

 

HOME»  耳の病気

診療内容

耳の病気

 

鼻の病気

 

喉の病気

 

耳の病気

耳せつ

【症状】:
外耳道の皮膚に起った病気で過度の耳そうじ、プ-ルで水が入った時などに細菌感染を起こしてなります。
耳たぶを押したり引張って痛みが強くなれば、この病気を疑います。

【治療方法】:
外耳道への軟骨塗布、赤外線照射、抗生剤、鎮痛剤の投与と保存的治療をします。

 

耳せつ

 

急性中耳炎

【症状】:
大部分が風邪に続いておこります。鼻じるがのどへ流れ、鼻のおくと耳をつなぐ耳管から中耳菌が入っておこります。

乳幼児に多いのはこの耳管が成人と比べて、短かく、太く、水平に近いので中耳に菌が入り易いのです。

約60%の方はあまり問題なく治ります。
残りの40%の中耳炎を繰り返す子供さんで、2才未満や集団保育所通園の方に多いです。

【治療方法】:
初期の薬だけで治る方を除いて、積極的に鼓膜切開排膿を行います。
一方原因となる鼻炎、副鼻腔炎の治療も行います。
反復する難治性の中耳炎では、チュ-ブを入れないといけない場合があります。
抗生剤と共に鼻に対する治療として消炎酵素剤、抗ヒスタミン剤など投与します。
難治性の場合、菌検査をして感受性を調べます。

 

滲出性中耳炎

【症状】:
鼻の奥と耳をつなぐ耳管の働きが悪いのと、鼻、のどの病気が原因で起こります。

急性中耳炎のような痛み、耳だれなどの症状はなく、鼓膜の奥の中耳に液がたまったり、中耳が陰圧になり鼓膜の振動が悪くなって起こる病気です。

2才~8才ぐらいまでが多く、難聴は軽度でテレビの音を大きくしたり、呼びかけに対する反応が鈍いことで気付きます。

また、学校検診で難聴を発見されることもあります。

【治療方法】:
■保存的に原因となっている耳管の働きの改善と鼻の治療を行います。
1.耳管カテ-テル通気法
鼻から耳管カテ-テルという細い管を挿入し、耳管を通して中耳腔に空気を送り込みます。
2.鼻の病気の治療、鼻汁の吸引、ネブライザ-などの局所治療と共に、抗生剤、消炎酵素剤、粘液融解剤など内服

■手術的治療
1.鼓膜切開術
中耳の貯溜液がなくならないときは鼓膜を切開して液を抜きす。
2.鼓膜チュ-ブ挿入術
反復鼓膜切開術を行っても液がたまってきたり、耳管の通気が効かぬときに行います。鼓膜を切開して小さなチュ-ブを挿入します。チュ-ブは自然に脱落しますが、長くチューブが留置されることもあります。稀に鼓膜に孔が開いたままになることもあります。

 

慢性中耳炎

【症状】: 急性中耳炎が完全に治らないで鼓膜に孔が あいたり、耳だれが出たり難聴を来した状態です。 難聴は鼓膜の孔の大きさ、鼓膜から内耳に 音を伝える耳小骨の障害の程度などで、 軽度から高度までさまざまです。 鼓膜の孔が辺縁部にあって、真珠腫性中耳炎と 言って骨を破壊して進行する場合もあります。

【治療方法】:
■保存的治療
1.耳浴
耳漏が多いときは耳処置と耳漏を吸い取った後に、鼓膜の孔を通して、中耳腔に抗生剤などの薬液を数分間入れておきます。
2.耳漏の薬剤感受性検査を行い、有効な抗生剤の内服をしてもらいます。

■手術的治療
1.鼓膜穿孔閉鎖術
慢性中耳炎で耳漏が停止した場合に一時的に聴力改善を行う。叩かれたり、鼓膜が急に破れた時にもおこないます。薄い紙や、ベスキチンなどで孔を塞ぎます。
2.鼓膜形成術
鼓膜の孔が開いた状態で耳漏が長く出ない場合、耳の後ろの皮下組織を使って孔を塞ぎ、フイブリン糊(血液製剤)で固定して鼓膜を再生します。
3.鼓室形成術
前述の真珠腫性中耳炎や大きく鼓膜の孔が開いた場合、乳様蜂巣という耳の後ろの空洞が侵され耳漏が続く場合、聴力改善と耳漏停止の目的で行う手術で、入院設備のある医療機関へ紹介します。

 

突発性難聴

【症状】:
原因不明の難聴で、突然、多くは一側の高度の難聴を来します。

時にめまいを伴うことがあります。

内耳の病変による難聴で唯一恢復の可能性のある病気ですが、難聴に気付いて1週間以内に治療を開始しないと恢復が難しく、めまいを伴うと恢復の率が悪くなります。

【治療方法】:
原則的には入院治療が良いのですが、入院できぬ場合、当院でも点滴、内服治療を行い治療することができます。

 

めまい

【症状】:
めまいは、内耳に原因がある場合と、脳の方に 原因がある場合があります。

内耳性:メニエル病、良性発作性頭位めまい、突発性難聴に伴うめまい、内耳炎があります。

中枢性:聴神経腫瘍、脳の血管性病変、椎骨脳底動脈循環不全などがあります。

【治療方法】:
平衡機能検査などを行い、内耳性のめまいと診断されたら、点滴、抗めまい剤、血流改善剤などで 発作を治めます。

中枢性の場合はCT、MRIが必要なため脳神経外科へ紹介します。

 

めまい